開発日記

2009年9月14日

のりしろを付加 - ポップアップ絵本メーカー

ポップアップ絵本を作って、やっぱり、ちょっと必要かなと思ったのが、パーツののりしろ部分

なので、ちょっとつけてみました。

01.jpg

のりしろを別パーツとして用意するのもなんだかなーという感じなので、とりあえずパーツにそのままのりしろを描くことに。

こんな感じ

で、実際にそれをどうするかなんだけど、すでに立上り角は指定できてるので、後は中心での下からの長さが指定できれば、後は必殺の三角関数でのりしろの領域を指定できますな。

そいつを、bitmapDataにコピーして、後は3Dパーツ(plane)に貼り付ければいいだけ。

最初は、それをページに置けば完成~と安易に考えたんですが・・・

一番最初に絵本作った時につまづいたY座標問題と同じ事が起こってしまいましたw

ページ同様、厚みをつけたり、浮かしたりすると、今度はページをめくる過程で、前後のページにのりしろがはみ出したりして、NG。

どうしようと悩んだ結果・・・

そうだ!直接ページ(土台)のbitmapDataにのりしろのbitmapDataをコピーしちゃえばいいじゃん!!って事に気がつくww

気づいちゃえばなんて無いことなんだけど、実にこの答えを出すまでに2日かかりました^^;

コロンブスの卵だわな~

そんなこんなで、完成したのが以下

のりしろの付加

 

ん~久しぶりに、頭使ったわw

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://marubayashi.net/mt/mt-tb.cgi/28

コメントする