開発日記

2009年9月 6日

立上り角度90度未満に対応 - ポップアップ絵本メーカー

昨日の続きです。

立上り角度90度未満に対応させてみました。

01.jpg

といっても、昨日散々悩んだ三角関数でのポップアップ計算式の中の引数に、立上り角度があるので、パーツを作っての検証です。

ちなみに、パーツの配置位置(y)、配置角度(r)等は以下のように、xml形式で外部で記述し読み込んでいます。

これに、立上り角度(n)を追加し、読み込めるようにScriptを修正。

結果、特に問題なく意図通りに出来てます。

すばらしい(自画自賛w)

ということで、出来たサンプルはこちら

立上り角度90度未満に対応

なお、斜め部分以下を切り取るのもめんどくさいので、とりあえず透明にし、読み込みフォーマットをPNG形式にして、透過させています。

 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://marubayashi.net/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする